ウォーターサーバーのイロハ!

ウォーターサーバーのイロハ!

更新日

ウォーターサーバーを選ぶ時、いったい何を重視すればいいでしょう。

水質?料金?サーバーのデザイン?どれも妥協しないで選びたいけど、そもそもどんな種類があるの?という方の為に、ウォーターサーバーを選ぶ際のポイントをまとめました。

水の種類

ウォーターサーバーのお水は基本的に天然水とRO水に分けられます。天然水は地下水をくみ上げて浄化したものでミネラルや酸素をたっぷりと含んでいます。会社によって異なりますが全国の名水地のお水を提供していることが多く、コストは少し高めです。少し高くても美味しいお水を!という味の違いが分かる方にはおすすめです。またRO水は河川水/水道水/天然水などをRO膜(逆浸透膜)という特殊なフィルターで濾過したものを指します。濾過する際にミネラルや酸素も取り除かれてしまうため、あとからミネラルなどを追加する場合が多いです。コストを抑えるのであれば断然RO水です。

価格

料金を比較する際は水自体の料金はもちろん、サーバー自体のレンタルコスト、電気代についても検討して判断する必要があります。また初期費用やメンテナンス費用、解約金などの有無や設定金額は会社によって異なるため、注意しなければなりません。「契約してみたけど思ったよりも電気代が高い。解約したくても解約金がかかることを後から知った」なんてことにならないよう、契約時にきちんと確認してくださいね。

サーバーデザイン

インテリアにこだわりのある方はサーバー本体のデザインもおしゃれなものを選びたいですよね。毎日目にするものですし、それなりの大きさがあるのでご自宅のインテリアと全く合っていないと浮いてしまうかもしれません。

そこで各メーカーはブランドやデザイナーとコラボした素敵なサーバーの提供も行っています。通常のサーバーを使用する場合と比べて、初回にデザイン費用がかかってしまったり毎月のレンタル料が若干高くなったりすることは避けられません。デザインを優先するか、デザインとコストそれぞれ譲歩した範囲で探すかをますは検討してみてください。

ボトルの種類・容量

ボトルの種類は再利用可能なリターナブルボトルと使い切りのワンウェイボトルの二つに分けられます。リターナブルボトルは使い終わると業者が回収し、洗浄殺菌して再利用されます。使い切りのワンウェイボトルと比較し、ボトル代のコストが軽減されますが、水を使う際に空気が入るため賞味期限はワンウェイボトルよりも短いです。しかし、その空気に関してもサーバー内部の衛生状態を保つべく各社対策を講じているので衛生的には問題ありません。反対にワンウェイボトルに関しては使いきりなのでコストは高くつきますが密封された状態で水を使い続けることができるため、最後の一滴まで空気に触れていない状態の水を飲むことができます。

以上4つのウォーターサーバーを選ぶ際のポイントをお伝えしました。どの部分を一番優先的に考えるかはご家庭によって異なると思います。毎日のお付き合いとなるウォーターサーバーですので、後悔することのないようしっかりと吟味したいですね。