天然水とRO水

天然水とRO水

更新日

ウォーターサーバーを選ぶ上で必ず出てくる言葉である天然水とRO水。この二種類は何がどのように違うのか、どちらを選ぶべきなのかを探っていきましょう。

まず天然水は名前の通り天然の成分を含んだ水で、濾過や科学処理などを行っていない状態の自然によって濾過された水を指します。実際は安全に飲めるよう、殺菌が施され検査を通過したものが市場に出回りますが、天然水に関しては採水地も厳選されているため、元から美味しい水だと言えます。またミネラルウォーターは人の手が加わって濾過が施されているので天然水とは少し定義が異なりますが、天然水を濾過してミネラルウォーターを作っている場合もあるため、ミネラルウォーターと天然水とのはっきりとした区別は難しいです。

ウォーターサーバーで飲める天然水は全国有数の採水地から調達していて、自宅に居ながら各地の天然水を飲むことができます。ミネラルが豊富に含まれていて健康にもよく、採水地によりほのかに味の異なる天然水をぜひ試してみてください。

ミネラルが豊富に含まれていて健康にもよく、採水地によりほのかに味の異なる天然水

さてもう一つのRO水についてです。RO水の「RO」とはReverse Osmosisの略で、RO膜と呼ばれる逆浸透膜によって高度濾過された水をRO水と呼びます。RO膜はダイオキシンや環境ホルモンレベルの化学物質についても除去が可能で、更に放射性物質よりもRO膜の穴が小さい為、放射性物質も取り除かれることになります。しかしあまりに細かく成分を除去してしまうため、水分中にある成分のほとんどが除去された純水に近い水となってしまい、ミネラルなどの除去したくないものまで取り除かれます。

そのため、RO膜を通したばかりの水はまさに純水で飲むとさっぱりした飲みやすい水だと感じると思います。通常ウォーターサーバーのRO水は味の決め手となるミネラルを人工的に追加しています。したがってRO水は採水地があまり関係ありません。

天然水でもRO水でも安全性は変わりません。どちらも安全な水であり、水の甘味、うま味を重視するのであれば天然水、コストを重視するのであればRO水という何を重視して水を選ぶかという差だと思います。皆さんは水を選ぶ時は何を重視しますか?長期契約になることも多いので、ぜひじっくり考えてみてください!