浄水器とウォーターサーバーの違い。

浄水器とウォーターサーバーの違い。

更新日

ウォーターサーバーの設置を検討する際、浄水器と比較される場合もあると思います。浄水器も様々な種類があり、本体を蛇口に設置するもの、シンク周辺のあるいはシンク下の収納に設置するものなど各家庭の希望に沿ったものを選択できます。では水道水を浄水器に通して濾過したものとウォーターサーバーの水ではどれほどの違いがあるのでしょうか。

まず水の味についての違いです。飲料水としての処理を施されているウォーターサーバーの水は言わずもがな美味しいです。そもそもおいしく安全な水をわざわざ購入しているので水道水を濾過したものより品質は良いと言えるでしょう。天然水を扱っているウォーターサーバーメーカーの中には採水地を選んで購入することが可能なところもあり、またRO水の場合は水の中に含まれている細菌・不純物などを限りなく0に近い状態まで濾過したものです。どちらも市販されている浄水器では濾過しきれないものを取り除いた安全度の高い水です。

一方浄水器は水道水を濾過します。現在の水道水は水道局の厳しい検査を受けているので安全ですし、浄水器を通して濾過する事で塩素などの化合物を取り除くことは可能です。しかし工場などの徹底した管理体制下で濾過を行うウォーターサーバーの水と比較してしまうと衛生的にも味覚的にもウォーターサーバーが優勢でしょう。

水道水は水道局の厳しい検査を受けているので安全ですが…

次に価格についてです。ウォーターサーバーの場合サーバーのレンタル料は無料にしているところが多く、メンテナンス料が必要なメーカーが多少あるものの基本的に毎月必要なのは水の料金のみです。浄水器は蛇口取付型のものの場合千円台から購入できます。しかし浄水器の場合は定期的なフィルターの交換が必要となり、それを怠ってしまうと逆に浄水器内に溜まっていた不純物を含んだ、水道水よりも品質の悪い水を摂取することになりかねません。購入した浄水器本体よりも交換フィルターの方が高いということは大いにあり得ますので注意が必要です。

最後は手軽さの問題です。浄水器は購入後すぐに設置可能で外すことも簡単に行えます。ウォーターサーバーと違い小さいため場所もとりませんし、取付型であれば蛇口に付けるだけで完了です。反対にウォーターサーバーの場合は契約を交わしてからの設置となり、撤去の場合は解約の手続きを行わなければなりません。また、一定期間以内での解約の場合は解約金の支払いを求められる場合があります。

水の品質にこだわるか、場所を取らない方を選ぶかご検討の材料にしてみてください!