ウォーターサーバーの水とミネラルウォーター、一体何が違うの??

ウォーターサーバーの水とミネラルウォーター、一体何が違うの??

更新日

ウォーターサーバーの水は天然水や逆浸透膜によって高度ろ過されたRO水なのでとてもきれいな水です。しかし、スーパーやコンビニで売っているミネラルウォーターもきれいで美味しい水ではあります。ではどのような点が異なっているのでしょう。
コンビニやスーパーなどでも手軽に購入できるミネラルウォーターには、採取方法や加工方法、含まれる成分などによっていくつか種類があるのをご存じでしたか?まずは主なミネラルウォーターの種類4つについて詳しくご紹介します。

ナチュラルウォーター/ナチュラルミネラルウォーター

ナチュラルウォーターはある特定の水源から採取された地下水のことを指します。人工的に最低限の加熱殺菌処理や沈殿処理(除菌処理)、ろ過処理を施したものです。地下からくみ上げられた水に、自然な処理をして安心して飲むことができるため、飲料用や赤ちゃんのミルク用などに幅広く利用されます。ナチュラルミネラルウォーターは、ナチュラルウォーターと同じく特定の水源から採取され、ろ過処理などを施したものですが、それに加えて「ミネラル」成分を含んでいます。ミネラルとは人が生きていく上で欠かせない栄養素のひとつで、カルシウムやマグネシウム、ナトリウム、カリウムなどが含まれます。ナチュラルミネラルウォーターは高度な品質管理や技術が必要なので、製造コストがかかるのが特徴です。

ミネラルウォーター/ボトルドウォーター

ミネラルウォーターはミネラル分を含んだ水の総称です。ミネラルウォーターと聞くと、天然のミネラル分がたっぷりと入った水のように思うかもしれませんが、ミネラル分は必ずしも天然のものでなく人工的に添加されたものでもミネラルウォーターに分類することが可能です。水質を安定させるために複数の原水を混合したり、加熱殺菌処理や沈殿処理(除菌処理)、ろ過処理以外にも紫外線殺菌やオゾン殺菌などの処理を施したりしたものも含まれます。ボトルドウォーターはナチュラルウォーター、ナチュラルミネラルウォーター、ミネラルウォーター以外の水のことを指し、水道法により「飲用できる」と認められた水です。その種類は様々で、水道水や蒸留水、きれいな河川の漂流水なども含まれます。

店頭で販売されているペットボトルの水はクセがなく、飲みやすいですが買い物の際に荷物になるのが悩みどころですよね。インターネットで注文するにも「5千円以上送料無料」などとなっていると、水を買うだけではその金額に届かず結局諦めて近所のスーパーに・・・という方もいらっしゃるはずです。しかしウォーターサーバーにすればその心配も労力もなくなります。追加注文は電話やインターネット、アプリからの注文で完了しますし、自宅まで美味しい水を運んでくれます。外出先ではもちろんペットボトルの水が便利ですが、ぜひ上手に使い分けてみてください!