ウォーターサーバーライフ - 人気おすすめウォーターサーバー

ウォーターサーバーライフ

美容・健康

どう選ぶ?一人暮らしで使うウォーターサーバー

更新日:


ウォーターサーバーを購入しようとする際、どんなタイプを選べばいいのかわからないという人もいるのではないでしょうか。
人間の体の大半は、水分で構成されています。ですから、衛生的で美味しい水を飲むために、ウォーターサーバーを利用するのは理に適った考え方だといえるでしょう。しかし、ウォーターサーバーを購入しようとする際、どんなタイプを選べばいいのかわからないという人もいるのではないでしょうか。ここでは、一人暮らしの人がウォーターサーバーを購入する場合のメリットや選び方などについて説明していきます。

メリットはなに?一人暮らしで使うウォーターサーバー

一人暮らしでウォーターサーバーを使うメリットとしてまず挙げられるのは、衛生的で美味しい水を手軽に飲めるという点です。一般的な水道水には、低濃度ながら消毒のための塩素が含まれています。ほかにもさまざまな物質が混ざっているので、水道水を飲んだときに「美味しくない、特有のにおいがある」などと感じる人もいるでしょう。しかし、ウォーターサーバーに使用されるのは特定水源から採水した天然水や、不純物を除去したRO水なので、衛生面・味ともに安心して飲むことができます。

また、重い水を定期的に買って帰る必要がなくなることも、一人暮らしには魅力的なメリットだといえます。仕事も家事もすべて自分で行うことが基本となる一人暮らしの場合、日々の買い物は案外大きな負担になることがあります。重い水を買って帰らなくて済めば、手間の省略と体力の節約が同時に図れるでしょう。それにともなって、使用中や買い置きの水を冷蔵庫で保管しなくてよくなりますから、冷蔵庫に有効なスペースが生まれるという点も見逃せません。加えて、ウォーターサーバーのタイプによってはお湯をいつでも使用できるため、コーヒーや紅茶などをすぐに作ることが可能です。忙しい朝などは、貴重な時間の節約につながります。

一人暮らし向け!ウォーターサーバーの選び方

一人暮らしの人がウォーターサーバーを選ぶとき、意識したいのがコストパフォーマンスの良さです。ウォーターサーバーの水は衛生的で美味しい分、水道水に比べるとどうしても割高になってしまいます。そのため、ウォーターサーバーを購入したものの思ったよりコストがかかり、継続して利用することができなかったというケースが見られます。ウォーターサーバーを選ぶ際はコストパフォーマンスに注目し、経済的な負担にならないように利用しましょう。

また、場所を取らないコンパクトなサーバーであることも重要です。一人暮らしの人の多くは、一人で生活するのに適した広さの部屋に住んでいます。あまりサイズの大きなウォーターサーバーを購入してしまうと、生活スペースが圧迫されてしまう可能性があります。それから、ボトルのセットや管理が楽かどうかにも気を配りましょう。ボトルが軽量なタイプや、ボトルを足下で交換できるタイプなら、楽にセットすることが可能です。さらに、「ボトルの配達の時間指定や再配達が依頼できる」「ボトルが返却の必要のない使い切りタイプ」などといったポイントを抑えておけば、管理もしやすくなります。

水代以外にも費用がかかる!ウォーターサーバーの料金

ウォーターサーバーを継続して利用する場合、主なランニングコストは水代です。メーカーや使用量にもよりますが、一人暮らしであれば、月々の水代は1500~4000円程度になるでしょう。しかし、ウォーターサーバーの継続利用には、水代以外にも費用がかかります。たとえば、水の品質管理のために必要な電気代です。ウォーターサーバーの水は、食品と同じく「生もの」という扱いになります。そのため、サーバー内で冷蔵したり保温したりして保存・管理しなければ、品質や鮮度が低下してしまいます。こうした品質管理を行うために、月々700~1200円くらいの電気代が必要です。

ほかにも、サーバーレンタル費用がかかります。高くても月額1000円程度で、メーカーによっては無料の場合もあります。これらのランニングコストをまとめると、ウォーターサーバーを利用するためにかかる費用の月額合計は、だいたい4000~5500円が相場となります。

ウォーターサーバーを購入するにあたって、注意したいポイントがほかにもいくつかあります。ウォーターサーバーは、衛生的で美味しい水が飲めるのが利点です。しかし、サーバーのメンテナンスを怠ってサーバー内で雑菌が繁殖してしまうと、それらの利点が台無しになってしまいます。ですから、サーバーを衛生的に保つために部品をアルコールで拭いたり、熱湯で殺菌したりといった定期的なメンテナンスを忘れないようにしましょう。どうしてもメンテナンスが面倒だという人は、自動で殺菌・消毒を行う自己メンテナンス機能を備えたサーバーを選ぶと良いのではないでしょうか。

それから、水には賞味期限があるという点にも要注意です。メーカーによって違いますが、ウォーターサーバーの水は未開封でも長くて1年、開封後は長くて1カ月くらいが賞味期限となります。一人暮らしではつい水を余らせてしまうことも多くなりがちですから、水の使用量をよく検討する必要があるでしょう。ただ、賞味期限やメンテナンスなどに気をつけて利用すれば、ウォーターサーバーは一人暮らしをより快適にしてくれる便利な設備です。もしウォーターサーバーの購入を検討しているという人は、利用目的や生活スタイルに合わせて選んでみてはいかがでしょうか。

-美容・健康
-, , , , ,

Copyright© ウォーターサーバーライフ , 2018 All Rights Reserved.